好きなものは好き

ちくわじゃないよ!コーギーだよ!P太郎ののんびり気ままな犬日記。毎日更新しません!

P太郎です、
るぅさんのダウンで皆様にご心配をおかけしてすみませんでした。
タイトル通り、るぅさんは現在普段のるぅさんに戻っております。
しかしながら、ダウンの原因はいまだ不明のままです。

ここからは るぅさんダウンの経緯で長くなりますがたたみ方が分からないのでごめんなさいね。

ダウンしたのは今回が初めてでは無く、
1回目はA病院に行きました。
その時の診断は
・突如元気が無くなった。
・食欲はそこそこある。
・所見は異常なし。
・下痢や嘔吐も無し。
よって「ケガの可能性が高い」と言うことで 痛み止めを貰いました。
それを1度飲ませたら あっという間に元気に戻ったるぅさん。

2度目はかかりつけ医の居るB病院へ。
前回と症状は同じだった為、A病院でのいきさつを話したところ
・1度の痛み止めで急に元気になったと言うのが気になる。
・痛み止めの種類が分からないがステロイド系だった可能性がある。
・急なダウン、痛みの症状も無い為、何らかのショック状態に陥っているように見える。
・除脈。
よって「アジソンの可能性が高い」と言うことで、ステロイドの注射を打ってもらいました。
次の日には元気に戻ったるぅさん。

3度目はC病院へ。
B病院での診断を話し、アジソンである可能性があるのかどうかを聞きました。
・可能性として無いとは言えないが、アジソンの検査はアジソンしかわからない検査のため、
まずは一般的な健康診断をした方がいいのでは?
・アジソンのような特殊な病気より なんとなく違う気がする。
よって「腹が痛いんじゃね?人間も腹痛いと元気なくなるし~」と言うことで 整腸剤を貰いました。
1日後、元気に戻ったるぅさん。

そして今回の4度目。
アジソンの可能性を示唆したB病院へ。
今回もアジソンを疑いました。そしてアジソンの検査を予約。
ところが、今回は次の日になって別の症状が出てきました。
それが 痛みです。
下半身のどこが痛いのか はっきりわかりませんでしたが、抱っこもできないぐらいの痛がりよう。
レントゲンでは異常なし。
ただし、ヘルニアの場合はCTでないと分からない。
触診した感じでは 骨より筋肉?皮膚?が痛いのでは?
よって「多発性筋炎>リュウマチ>ヘルニア>虫さされ>アジソン」の順番になりました。
レントゲンを撮るための鎮静剤と痛み止めの注射を打って3時間後 また元気に戻ったるぅさん。。。

さてさて。。。B病院の先生に回復報告の電話をして今後の検査をどうするか相談しました。

「え?元気になっちゃったの?う~ん、本当に痛いところがあったら1度の痛み止めで治るわけないんだけどなぁ」

ですよね~。

ねぇ皆様、犬って仮病使えるんですかね???使えないよね。。。
何かトラウマのようなものがあるんでしょうか?
それが引き金になって精神的にダウンしちゃうとか???

るぅさんはダウンしちゃうと ご飯は食べるんですが とにかく元気がなく、
動きものそのそ。
散歩も行かないし、大半寝て居ます。
薬が病院によって全く違うにも関わらず大抵3日で復活しますが
この元気のないダウン状態がこの半年間で4回です。
こんな症状になるのは どこかに原因があるはずなんです。
でも今回も結局わからずじまいで。
アジソンの可能性が低くなったことはよかったのですが、では何の病気なのか?
検査の糸口もつかめませんでした。

きっとまた遠からずダウンする日が来る気がします。
けれど 元気に戻ったるぅさんに ”とりあえず検査”が必要なのかなは悩みどころです。
一般的な血液検査は春にしましたが、異常なかったのです。
それをもう一度して、異常が見つかればいいですが、見つからなかったら?
あれやこれや、やみくもに検査をすることが 犬のためになるのでしょうか?
それより、元気な時は何も気にせず、好きなこと、好きな物に時間を使う方がいいのでは?と思ってしまうのです。
遠からずダウンして、いずれ病名がはっきりした時、
るぅさんはドッグランにもオフ会も、ひょっとしたらお散歩も行けなくなるかもしれません。
知ってしまったら、私も無茶はさせられません。
あの時ああしておけばよかった、こうしておけばよかったと後悔するのは嫌です。
またダウンする時まで 検査はしないでおこうか、
この判断で良いのかどうか、しっかり悩もうと思います。
151210.jpg

にほんブログ村
スポンサーサイト